スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

愛の方向

 
本当の愛ってなんですか?

そんな事を思う人が、私の周りに沢山います。

そして、私もそれを知るためにヨガと瞑想をしています。

ひと月くらい前に、ふとまた考えたくなり、感じてみました。
本当はずっと載せようと思っていたのですが、
なかなか載せられなくて。
まだそのタイミングでは無かったのかもしれませんね。



疑問が浮かんできた時、

どんな時も私の場合は
頭で考えても答えは見つからないから、
目をつむって探っていきます。

この時は、
「愛とは方向性のあるものだ」
という答えがふっと浮かびました。

周りの人たちやすべてに尽くすことが愛。
調和、それが愛だという事はよく知られています。

でも、自分のことだけしか考えられない、
この時は愛がないという訳ではありません。

周りに注ぐ分の愛を、自分に向けているだけ。

恐れから。
無知から。
自分を守るために。
あげるとキリがないほど、原因はあるでしょうね。


ただ、宇宙は関わりあって存在しているから、
周りに回せばそれが返ってくるし、
自分の中に向けていれば循環しないだけ。

法則の問題であって、愛がないという訳ではないんだ、と。

そして、
私たちは自分が経験してきた
集まりのなかに居る事が多いから、

愛を調和させる経験をしていれば
調和しながら生きて、
愛を内側に、守る経験をしていれば
自分の殻に閉じこもり、一人になる。

こういう生き方をするのではないでしょうか。


心には波があるから、
調和させたい時もあるし、
守りたい時もあります。

そして、どれも愛。

光と闇。
どちらも愛のように。

これに気づいたとき、
「方向性が違うだけで、すべては愛だ」
と思いました。


ただ、心地良いのは
調和や平和を選んだ時ですよね。

みんなと分かち合う方が、愛は増えたように感じます。

みんなの分も感じられるからかな。


世界が調和と平和、喜びで溢れますように。


shanti





スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top