スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

加行

 少し前の話ですが、
12月の中ごろカイラスヨーガの松川先生より加行を作って頂きました。

加行とは、修行の準備のための行です。
ヨガの先輩や友達がしていると聞き、
是非私も始めたい!ということで頂きました。

修行と言うと・・・滝にうたれたり?・・・
そんなイメージですが、違いますよ(笑)

マントラや、本を読むこと、五体投地などが内容の一部です。

頂く前は、「やるぞ!」と意気込んでいたのですが、
実際頂いた内容をみてみると・・・
「これはちょっとした心構えで始めていいの??」
という疑問が浮かんできました。

目指すべき道が、立派すぎるのです。

「菩薩になるための道。」
(菩薩とは、すべての魂を悟りに導くため、何度も輪廻を繰り返すことです)
私は、その道の入り口の前に立ちました。

以前からしていたヴィパッサナー瞑想も、
悟りの為の道の一つです。
でも私は、心から「悟ろう」と思っていたのではなく、
自分の目の前に浮かぶ感情という名の壁を乗り越える一つの手段として、
また、生きているものすべてが幸せになることを、
心の底から願える人になるためにしていました。

究極の幸せに気づくことが悟りなら、
すべての生き物の究極の幸せを願う事は菩薩に近いのかもしれません。

でも、私にそんな大それたこと・・・
なんて、正直思ってしまいました。

加行は、
テーブルの上に
「調理してみてね、ポンッ」と
知らない食材を頂いてしまったかのようでした。
自分で食べてみたいと言ったけれど・・・

ヴィパッサナーとはやり方が違う・・・
それも、とまどいの一つでした。

そして、半月ほど持てあましていました。
この間は、ヴィパッサナーもやめ、
一度自分をフラットにする時間だったように思います。

と、言えば聞こえはいいですが、
年末の忙しさに甘え、
自分のやりたいように、煩悩のままに生きてみました。

でも、以前と違うのは、感情の起伏が少なくなりました。
浮かんでくる煩悩も、
「おいしいの食べたいな〜」とか、
「寝たいなぁ〜」とか。
何かを強く拒絶したり、強く求めたりすることのない、
可愛い程度で(笑)

これが、今までのヨガと瞑想で変わった自分なんだと感じました。
そして、きっと加行を始めたくなる時がくるだろう、と待ちました。
十分今のままでも幸せだけど、
私はこれからどうするんだろう?
そんな事を思いながら日々を過ごしていたら、

ある日、向かい合ってみよう、と思える時がふとやってきました。


五体投地をしようとマットの上に立つと、
「五体投地をすれば、何かが変わるんじゃないか」
と期待している自分が居ました。

でも、期待は雑念です。
期待すること=未来を見ている事。
これは、気持ちが「今」にないので、
期待することをやめ、淡々と自分を観察しながら行いました。
(これはヴィパッサナーに近いことで、やり方は違っても生かせて良かったです。)

「出来る自分・出来ない自分・嬉しさ・苦しさ」すべて観察。
善と悪を決めるのは自分の心なので、それも越えて眺めます。

すると、五体投地が気持ちよく感じられました。(それも観察して)
終わった後は、瞑想後のように、
周りの空気がクリアになり、つながった感覚がしました。


そして今は、できる日に少しずつ続けています。
まずは、「菩薩になるため」
ではなく、「菩薩を目指す、長い長い道のりを出発する覚悟を決めるために。」


修行の準備、加行とはこういうことなのかな、と思いました。

今年は、嬉しいことも苦しいこともすべてに輝きを見つけて受け止め、
一日、一瞬「今」を生きていきます。

生きているものすべてが幸せになるよう、
自分を与えらる人になれるために。


すべての魂が本当の幸せに気づきますように。
om












スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

まとば

2011/01/17 10:35 AM

美奈子さん
コメントありがとうございます^^
バストリカー20分!すごいですね!
でも、夢中になる感覚は分かるかも…
五体投地なら、どのくらい出来るか続けてみたいなぁ、と思いました。
いつも美奈子さんのブログを見て、還っていく気持ちになります。
これからも私の目標でいてくださいね。

美奈子

2011/01/15 3:06 PM

加行を始めたんだね〜!私も五体投地をすると、浄化されていく感じがして、終わったあとクリアーになります!
やってて気持ち良くなるのは天界のカルマなんだって(^-^)
私はバストリカーの呼吸法20分くらいしてるときあります!終わったあと神聖なエネルギーを感じます。。わたしもえりちゃんのように、菩薩の道を歩くために今を心を込めて生きたいと感じています。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top